交通事故専門弁護士プロに任せて安心

交通事故での交渉について

トラブル前に弁護士へ交通事故が起こった場合は自賠責保険に、任意保険である
自動車保険を使って示談をする場合が多いと思います。

しかしながら自分が被害者になった場合は、自分の保険からではなく
相手の保険から支払われる事が多く、そちらと示談交渉をすることもあります。

ところが、一般的には賠償問題に詳しい人は少なく、相手の提示したままに
話が進んでしまいますが、弁護士に相談すると「弁護士基準」と言うものがあり、
通常の賠償額よりもはるかに多い額の補償をしてくれる場合があります。

夜景がきれい

この基準は実際に起こった交通事故でどのような判例があったかを基準に
賠償額が決められますので、賠償額としてはどの基準よりも高額になります。

そのために自分がもらえる賠償額を確実に受けとることができるようになります。

断崖まで

もちろん過失割合によって額は違ってきますが、当事者どうしで解決が付かない場合などには
自分一人で悩まずに弁護士に相談することが、確実で安心できる事故解決の方法となります。

弁護士に頼むと高く付くイメージがあるという理由から、保険会社に
任せようとする人もいるようですが、そうした場合に自分の納得のいく
結果にならないこともよくある話です。

また、そうなると余計な労力や費用をつかうだけになってしまう
可能性もありますので、早めに弁護士に相談することが
早期解決にもなり、有効な費用の使い方にも繋がります。