交通事故専門弁護士プロに任せて安心

対応に困ったら

トラブル前に弁護士へ交通事故の被害を受けた場合、相手と示談交渉を行うことになります。
そして、相手が任意保険に加入していれば、保険会社が交渉を行うことになります。

これは、弁護士代理の原則に反する気がしなくもないですが、保険会社自体も
支払いの義務者であるため、認められていることです。

この時の対応に困ったら、交通事故の被害者は弁護士に相談するべきです。
その理由は、法的な見解を聞くことができるとともに、代理人となって交渉をしてもらうことで、
被害者の権利の実現に資するからです。

名所で休む

相手は交渉のプロですが、被害者の側はそうではありません。
その立場の差を利用して、相手は強気に交渉をしてくることがあります。

一方、間に法律のプロが入ることで、無理な主張は意味をなさないことを理解していますから、
話がまとまりやすくなることに期待できます。

相手も争って負けた場合にかかるリスクをわかっていますので、弁護士に交渉を代理にしてもらうことにはメリットがあります。

コストを気にして自分で解決しようとすると、結果に納得がいかなくても
一人で闘わなくてはいけません。

そんな時に弁護士が味方についていてくれたら、理解できないまま
泣き寝入りするというみじめな思いをしなくて済みます。

できれば事故を起こした瞬間から、信頼できる弁護士に話を聞いて
助けてもらうことで、早期解決への近道にもなるでしょう。

見晴らし良好